文房堂Bーshopブログ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

まないた屋 :: 2011/11/29(Tue)

久々の神田の食です。


久々の「まないた屋」さんです。





刺身の盛り合わせ

浅〆の鯖、鰆、かんぱち、いか、生めじマグロ、、、


鰆と、、、貝類が無いのが残念でしたが

いい感じで日本酒を自然と頼んでしまう味でした





まないた屋2

鰆と生めじマグロが特に良かったです




まないた屋
後、馬刺しの赤身



こちらはいつ食べても安定した味

旨いです。


まないた屋3

そして〆は生姜鍋






この汁は好いです




落ち着く味です~呑んだ後に最高です

、、、赤だしの味噌汁の次に、、、




具はいたってシンプル


焼き豆腐に揚げた茄子


茄子はどんな料理でも先に油を含ませて火を入れるか

網焼きで焼いてからの調理のが味が出ます。

揚げたり、油で炒めてから他の素材と合わせて調理すると

甘味が増し

網焼きにして皮を剥い茄子を味噌汁等に入れると

風味と触感が格段に上がります。






いやー良い店です、、、が、、、

なんと来年、移転するそうで、、、

場所は神田ですが60席ぐらいのお店に拡大するとか、、、




そんな、、、


残念でしかたありません。






今みたいな「そのマグロのチアイ、捨てるなら焼いてとか、


アラ捨てるなら煮付けにして」


等の我ままが言えなくなってしまう、、、





カウンターごしに

アオちゃんと

「やっぱり、戦国ですよ!」

「いやいや、幕末だって!」

等と呑みながら歴史談義を交わす事も無くなるのか、、、




残念です、、、




でもお店を大きくしたい野望も若いうちは大事です。

そして、良くしてもらっているからこそ成功もして欲しい、、、




でも、少し淋しい


、、、と思わせる良い店です
スポンサーサイト
  1. 神田の食
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

津久井 智子先生の消しゴムはんこワークショップ :: 2011/11/19(Sat)

はんけし81
11月19日(土)

ついに念願の津久井先生の消しゴムはんこのワークショップを

開催する事が出来ました!

津久井先生と言えば、消しゴムはんこの世界では知らない人は

まず、いないと言っても過言ではありません。

文房堂2F版画売場にも津久井先生の本や

メーカーとコラボして作った商品が

多数、販売しています。

そんな津久井先生を消しゴムはんこの初!ワークショップで

講師としてお迎え出来て

とても嬉しく思います


初の内容は今の時期にぴったり!

年賀状のスタンプ作りです。





はんけし81

こちらは先生の年賀状のお手本です。


同じスタンプでも組み合わせや色、捺す位置により

まったく違う仕上がりになるのが

消しゴムはんこの利点の1つです。





はんけし2

今回、展示して頂いたお手本のデザインで

個人的に欲しい!

と思ったうちの1枚です。


筆で書いたような文字の滑らかさ、、、

木版画や銅版画では出せない線です。

消しゴムハンコのカッターテクニックか

リトグラフでないと。


津久井先生のワークショップを受けた事のある方なら

お解りになるかと思いますが

先生の凄さはこのカッターで彫るテクです。



彫が深くて丈夫な上、版が均等でキレイ、無駄が無いです。






はんけし5

そんな津久井先生の愛用のお道具


ネットで購入した竹皮の張ってある持ち手のカッターで

刃は錆びにくい黒刃に。

道刃物さんから出ている消しゴムはんこ専用の三角刃

こちらもご自分で彫りやすい角度に刃先を短く研いでいるそうです。






はんけし8

数種類のスタンプを連続捺しして

使えるのも消しゴムはんこの

醍醐味の1つです。

木版だと何版も同じサイズで作らないといけません。



それにこのアイデアはステキですよ。

こんな年賀状を頂いたら

額装してとっておきますよ!





はんけし9


連続捺しのアイデアのもっとも良い作品例


これもセンスですよねー



来年の干支は難しいですが

ウロコだけなら

彫るのも簡単でアイデア次第

1、2種類のはんこで

こんなにカッコイー年賀状が出来てしまいます!



スバラシイ、、、






はんけし0

おなじみのこちらの図案も

可愛さと懐かしさがみごとにマッチ!


はんけし4

これもおみごと!


ハガキサイズの消しゴムを丸まま1枚使っていて


迫力があります!

彫のテクニックと絵のうまさ、そして根気が必要とされます。

消しゴムはんことは思えない、、、


彫るのに4時間かかったそうです。


はんけし3

会場ではイベント限定の商品や絶版になってしまった先生の貴重な本等も

販売しています。




はんけし7



左の黒い表紙の本は数年前まで

2F版画売場でも販売していて

非常に売れていたのに

今では手に入らないものに、、、


津久井先生もこの本には思い入れがあるとおっしゃってました。


図案が一番多くて、作るのが大変だったそうです。





はんけし10

ワークショップご参加の方で本をご購入の方だけの

嬉しいサービス

先生が中表紙にスタンプを捺してくれます!

皆さん、大喜びでした。


あんなに喜んでもらえると

売場の仕事の合間をぬって

企画したかいがあったなーと

思わず笑顔になります

(先生の本とスタンプに皆さん、喜んでるんですが、、、)



また、折りをみて津久井先生やペーパークラフトの大杉先生、

Inky pinkyさん、その他、いろいろなワークショップを

開催していきたいと考えて折りますので

よろしくお願い致します。


  1. B-shop
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「ちぐはぐブギウギ」展 :: 2011/11/09(Wed)

今週、11月7日(月)~11月13日(日)

B-shopでは「ちぐはぐブギウギ」展を開催しています


B-5.jpg

B-shop初かもしれません、今回は姉妹による2人展です。


ナカヨキコトハ ウツクシキカナ



姉妹でこういう関係というのはステキですね



B-3.jpg


そして2人とも

かなりの作品数で見ごたえがあります。


B-7.jpg






B-2.jpg


お姉さんの作品です。

ヨーロッパの絵本のような、、、


不思議な世界観です。

色と形のバランスもとても合っていますよね



B-6.jpg


こちらもお姉さんのデッサン


レトロさと不思議さの絡み合った作品

うまいです



B-9.jpg

妹さんの作品

お姉さんとうってかわって

とってもラブリーです



妹さんの作品は読んだ本からのイメージです。

本の内容を知っている人が見ると

また面白いかと思います。




B-1.jpg


妹さんのポストカードです。


B-4.jpg


こんな可愛いカードがなんと1枚60円とはお徳です!





ご姉妹で共通しているのが

色の組合せのうまさでしょうか、、、


タイプは違う2人ですが


どちらもどこか懐かしさと不思議さがあります。
  1. B-shop
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

姪っ子上京!・2 :: 2011/11/08(Tue)

上野動物園に行った翌日


姪っ子がばーちゃんの土産にストールを買いたいと言うので


池袋に


ばーちゃんっ子の可愛いヤツめ、、、




お昼は昨年、入院中に作っていた「退院したら食べたい物リスト」の

上位にランキングしていたベトナム料理屋へ



画像 020


ここの鶏のフォーは絶品です!


汁の味がたまりません!


レモン汁をかけるよう勧められますが

私はそのままの方が好きです。


画像 023


お昼のセットの生春巻きと揚げ餃子も美味しいですよ。

画像 022


以前、「厨房ですよ」の生春巻きの時

池袋の巨匠で紹介されていました。


テレビに紹介されたにもかかわらず

日曜の12時で我々と合せて

お客さんは2組


こういう所がまた魅力です。



午後はミー好きの姪っ子の為に

錦糸町のムーミンショップへ、、、


画像 024


ミーグッツをがっつり購入



その後、さらに後楽園内のムーミンカフェへ、、、

画像 029

カフェのほかにグッツとパンも販売してます。


画像 031


ムーミンやニョロニョロの形のならまだしも

ミーの形まで、、、


画像 032


この日の晩ご飯は3人でムーミンカフェを堪能する事に
(前日に引き続き甥っ子も同行)


男だけでは、まず入れないような空間です


画像 033


ニョロニョロプレート!

目が!目が!




食事中、空いているイスに店員さんが


ムーミンを連れてきてくれました




ムーミンカフェならではの演出。


画像 038


まさか19歳の甥っ子と姪っ子とムーミンと4人で

東京で食事が出来るなんて、、、


画像 040


いやー歳は取るもんですね



団体さんのテーブルは誕生パーティーのようで

主賓にニョロニョロの帽子をかぶせたり

楽しそうでした


写真撮影を頼まれた店員さんの口から出たのが

「はい、チーズ!」ではなく「はい、ムーミン!」だった事に

衝撃をおぼえつつ、、、



ムーミンワールドを徹底してますよ!ムーミンカフェは

そういうの嫌いではありません。




来年の誕生日は姪っ子の誕生日を

ここで祝えたら嬉しいな、、、


画像 042




  1. わたくし事
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

姪っ子上京! :: 2011/11/05(Sat)

姪っ子が2泊3日で東京に遊びに来ました!


叔母さんとしては俄然、張り切ります


横浜在住の甥っ子と3人で


姪っ子んのリクエストにつき、


まずは上野動物園に、、、


画像 020


大変、混雑して折ります


画像 016


園内は東エリアと西エリアに別れています。


東エリアだけでもかなり見所があります。



画像 021


入るといきなり話題のパンダ!


絶対、人が入ってるよ、、、



画像 022


カワイー


画像 023


こいつらもカワイー



画像 024



これまたカワイー


、、、楽しいです、、、動物園、、、いくつになっても、、、



画像 025


ここもかなり楽しめます




ここにきて甥っ子のテンション
画像 015



カッコイー


思わず携帯の待受けにしてしまいました。




かなり歩いてくたびれたので


例によって万惣フルーツパーラーへ、、、


画像 025

万惣フルーツパフェ


画像 020


チョコレートパフェ


画像 024

フルーツオムレツ


後、フルーツサンドも注文!



万惣を満喫です




そして歩いて秋葉原へ、、、


画像 030


聖地です、、、


甥っ子のテンションさらに



画像 031


異国の僧りょうも聖地を堪能、、、


画像 032
その後、上野に預けた荷物を取りに行きつつ

アメ横見学、、、


盛り沢山の東京観光でした
  1. わたくし事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「ブックカバーと刺繍小物」展 :: 2011/11/03(Thu)

今週、10月31日(月)~11月6日(日)まで

「ブックカバーと刺繍小物」展を開催しています。

古本祭りの時期、恒例となりました

こちらの展示は神田っ子の方の個展で

毎回、近所の方々が沢山、来場して頂いてます



刺しゅう00


今回、一番最初に目に飛び込んできたのが

こちらの秋刀魚のブローチ!

今が旬真っ盛りの私の大好物の

秋刀魚が洋風の刺繍で!


衝撃です




刺しゅう


そして、こちらは神田明神さんから依頼された帯だそうです。

「和では出せない感じの物を作って下さい、、、」とのリクエスト

むちゃぶりですがさすが素敵に仕上がっています!

豪華だ、、、



刺しゅう7


着物の裂で作ったブックカバーは毎回、好評で

すぐ売り切れてしまします。



刺しゅう3


このブローチも人気で私も毎年、購入させて

頂いてます



刺しゅう08

今年、新しく販売されているのが

ブックカバーと同じく着物の古着で作られたヘアピンとヘアゴム

こちらも先日、御茶ノ水の駅前のイベントで私も購入。


アワノさんの作品って、ついつい買っちゃうんですよ。

ヘヤピンの時もアワノさんの作った物だと

最初、知らずにどれにしょうか物色していたら


「こんにちわ!」と声をかけて頂き驚きました




刺しゅう1


グローブホルダー


こちらもお客様のリクエストだそうです。

どんなリクエストにも毎回、いろいろなアイデアを駆使して

作ってしまうんだからすごいです。


人のイメージを自分の中で消化し立体物にするのって

とても難しいと思うのですが、、、



刺しゅう04


刺繍の台です。

実際に縫っているところも会場で見れるのが


この展示の面白いところでもあります。




刺しゅう9


力作!


本当にキレイです

うっとりします。


女子の夢!




  1. B-shop
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

10月29日ワークショップ :: 2011/11/02(Wed)

10月29日に2回目のワークショップを開催しました。


自分のデジカメが電池切れの為、会社の不慣れなデジカメで

撮影した為、写真の編集に戸惑ってしまい

UPするのが遅れてしまったのが残念ですが、、、

(パソコンって大変だ!)



午前の部は定員12名を越え、13名で開始!

ありがとうございます!


「切って折るだけでオリジナルノートBOOKをつくろう!」


画像 004小

カッターやのりを使わず

はさみで切って折るだけで作れるこちらのミニブックは

大杉先生が夢で見て

起きて夢のとおり、なぞりながら作ったら出来た!

という奇跡のブックです。


毎日、創作の事を考えていると

こういう事も起こるんですね、、、


さすがです


画像 005小


中を開くと組み合わせた2枚の紙が交互に合わさり

名刺や写真、美術館のチケット等が入れられます。

また、最近、いろいろなデザインの可愛いクリップやふせん等が販売されてれいて

ついつい、衝動買いしてしまうので

そんなコレクションを収集するのにも最適です。


画像 001小


地下の文具売り場で皆さん、好きな紙を2種類購入して頂き、、、


画像 011小

好きなスタンプを捺したり、ポストカードを表紙に張ったり

アクセントにリボンをつけたり

レースのリボンも大杉先生が今回の為に用意してくれたんですよー!

感激です



皆さん、それぞれ、とっても可愛く出来上がってました!




午後はInky pinkyさんの

濃厚な内容のワークショップです!



画像 015小

こちらは出来上がりの見本です。


ぱっと見、どんな材料でどうやって作っているのか

まるで解りませんが、、、


丸い時計のマークは実は紙にスタンプを捺して特殊な粉を溶かして

コーティングして作っているのです!


画像 013縮小3


いやーたまげました!


中央の肌色のレリーフはモデリングペーストとアクリルを混ぜて

厚紙の型で作ったものです。


紙とスタンプと画材でこんなにいろいろな材質の物が出来るとは

驚きの連続です!



ノートの中身もまた濃厚!


画像 017小


まずは表紙の内側


木目の壁の柄の紙を切って張ります。


これだけでも手が込んでいるのですが

参加者の中にはさらにアレンジして

紙を手で切って自然な風合いを出し

さらに黒のスタンプで切った紙を縁取る事でさらに

レトロな雰囲気をかもし出しています。


みんな凄いな、、、と

ただただ感心するばかり、、、


画像 020小


そしてブックの中身は、、、


3種類のスタンプ台でそれぞれの特徴をいかして

1ページごとに内容に厚みを増します。


この厚みについては参加しないと説明出来ないのですが、、、


というぐらい盛り沢山の内容なのですが、、、


さわりだけお伝えしますと、、、


まず、英字新聞を好きなように手でちぎって

アクリル絵の具用のジェルメディウムでノートに貼り付けます。


その上にパンパステルで彩色すると

メディウムがのっているところとのってない所で

パステルの濃淡に違いが出ます。


画像 022小


その上にさらにステンシルでパステルを重ね


スタンプ台3種類を使い画面に奥行きをつけます。


この辺がさすがInky pinyさん

素材と仕上がりの組み合わせに熟知してます。


大杉先生のブログにもご紹介頂きましたが

午後のワークショップの内容は本当に濃密な時間になりました!




いろいろと私の不手際もあり関係者の方にはご迷惑をお掛けしましたが

今回の経験をもとに改善していきますので

今後ともよろしくお願い致します!





大杉先生、Inky piny様、そしてご参加頂いた皆様、


本当に有難うございました!
  1. B-shop
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。