文房堂Bーshopブログ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

10月29日ワークショップ :: 2011/11/02(Wed)

10月29日に2回目のワークショップを開催しました。


自分のデジカメが電池切れの為、会社の不慣れなデジカメで

撮影した為、写真の編集に戸惑ってしまい

UPするのが遅れてしまったのが残念ですが、、、

(パソコンって大変だ!)



午前の部は定員12名を越え、13名で開始!

ありがとうございます!


「切って折るだけでオリジナルノートBOOKをつくろう!」


画像 004小

カッターやのりを使わず

はさみで切って折るだけで作れるこちらのミニブックは

大杉先生が夢で見て

起きて夢のとおり、なぞりながら作ったら出来た!

という奇跡のブックです。


毎日、創作の事を考えていると

こういう事も起こるんですね、、、


さすがです


画像 005小


中を開くと組み合わせた2枚の紙が交互に合わさり

名刺や写真、美術館のチケット等が入れられます。

また、最近、いろいろなデザインの可愛いクリップやふせん等が販売されてれいて

ついつい、衝動買いしてしまうので

そんなコレクションを収集するのにも最適です。


画像 001小


地下の文具売り場で皆さん、好きな紙を2種類購入して頂き、、、


画像 011小

好きなスタンプを捺したり、ポストカードを表紙に張ったり

アクセントにリボンをつけたり

レースのリボンも大杉先生が今回の為に用意してくれたんですよー!

感激です



皆さん、それぞれ、とっても可愛く出来上がってました!




午後はInky pinkyさんの

濃厚な内容のワークショップです!



画像 015小

こちらは出来上がりの見本です。


ぱっと見、どんな材料でどうやって作っているのか

まるで解りませんが、、、


丸い時計のマークは実は紙にスタンプを捺して特殊な粉を溶かして

コーティングして作っているのです!


画像 013縮小3


いやーたまげました!


中央の肌色のレリーフはモデリングペーストとアクリルを混ぜて

厚紙の型で作ったものです。


紙とスタンプと画材でこんなにいろいろな材質の物が出来るとは

驚きの連続です!



ノートの中身もまた濃厚!


画像 017小


まずは表紙の内側


木目の壁の柄の紙を切って張ります。


これだけでも手が込んでいるのですが

参加者の中にはさらにアレンジして

紙を手で切って自然な風合いを出し

さらに黒のスタンプで切った紙を縁取る事でさらに

レトロな雰囲気をかもし出しています。


みんな凄いな、、、と

ただただ感心するばかり、、、


画像 020小


そしてブックの中身は、、、


3種類のスタンプ台でそれぞれの特徴をいかして

1ページごとに内容に厚みを増します。


この厚みについては参加しないと説明出来ないのですが、、、


というぐらい盛り沢山の内容なのですが、、、


さわりだけお伝えしますと、、、


まず、英字新聞を好きなように手でちぎって

アクリル絵の具用のジェルメディウムでノートに貼り付けます。


その上にパンパステルで彩色すると

メディウムがのっているところとのってない所で

パステルの濃淡に違いが出ます。


画像 022小


その上にさらにステンシルでパステルを重ね


スタンプ台3種類を使い画面に奥行きをつけます。


この辺がさすがInky pinyさん

素材と仕上がりの組み合わせに熟知してます。


大杉先生のブログにもご紹介頂きましたが

午後のワークショップの内容は本当に濃密な時間になりました!




いろいろと私の不手際もあり関係者の方にはご迷惑をお掛けしましたが

今回の経験をもとに改善していきますので

今後ともよろしくお願い致します!





大杉先生、Inky piny様、そしてご参加頂いた皆様、


本当に有難うございました!
スポンサーサイト
  1. B-shop
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<「ブックカバーと刺繍小物」展 | top | B-shop初ワークショップ開催!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://2010o30.blog136.fc2.com/tb.php/72-cd61401b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。